実習生採用

Recruit

AIN独自の豊富な人材ネットワークで、企業様の適性に合わせた人材の募集を行います。

AINは募集にブローカーを使いません。

また実習生家族から保証金を一切とりません。

出来る限り実習生が多額の借り入れをする事なく日本に渡航できるように努めています。

優秀な人材の確保のためにタイ北部の各種専門学校と提携しています。
44名収容可能な寮
研修期間中に実習生が暮らせる寮を
学校敷地内に完備しています。!
バンコクでは就職率も良く、賃金も良いので日本に行きたい若者を集めるのは年々難しくなっております。
その為にバンコクの送り出し機関も北部~東北部からリクルートしているケースが多くみられます。
AINはその北タイ(チェンライ)にあるので、多くの専門学校、大学、農家から、日本に行きたい若者を集める事ができます。
もちろん募集にブローカーを使わず、実習生家族から保証金など一切とりません。
研修期間中、44名が格安で泊まれる寮も完備しているのも、人気の一つです。
出来る限り実習生の費用負担を抑え、多額の借り入れをする事なく日本に渡航できるように努めている事で、評判が上がり、ご家族の理解も得られ、結果として多くの応募ができるようになりました。

募集が多ければ多いほど、企業様の適性にあった人材を送り出すことができるのです。
※最北端にある人口120万人のチェンライ県からの実習生応募が増えています。

日本にはタイ北部~東北部の人材が最適といわれています。

タイには約4,500社もの日系企業が進出しており、そこで働くタイ人は次のように評価されています。

1.親日で性格が穏やか

2.東南アジア諸国の中では一番社員の定着率がよい

3.日系企業で働く事に誇りを持っている

4.手先が器用で我慢強い

5.仏教国で、食文化生活なども日本人との共通点が多く親しみやすい

6.年上を敬う文化も同じで、序列やマナーを理解している

これにより日本に渡る技能実習制度でも日本企業はタイ人実習生を採用する事に大きな関心があります。

そして、現在日本で働く実習生の多くが、タイの北部~東北部の人材に集中しています。

その理由は次の通りです。

1.労働は美徳であると教育されており、特に北部のタイ人は体力的にも技能実習の労働に適している

2.田舎育ちなので素朴で、兄弟も多く、家族みんなで生活しており、親兄弟を大切にして、仕事だけでなく家の手伝いにも協力的

3.タイ北部は冬は10℃以下になる事も多く、北部のタイ人は日本の気候にもなじみやすい

4.首都バンコクの様に仕事が溢れていないために、農業などの家業を継ぐ人が多く、最近ではネット情報の普及から、日本に憧れて、日本で働きたいと希望する若者が増えている 

ページトップ

AIN アジア・インターナショナルネットワーク・マンパワーは、JITCO認定の外国人技能実習生タイ国(北部チェンライ)の送出し機関です。

©2019Asia International Network Manpower Co.,Ltd.